ホーム  校長室  行事予定  スクールライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

校長あいさつ

 進んでコミュニケーション 「表現」を双方向で


校長先生 平成31年度(令和元年度)「チームみなみ」がスタートしました。

職員のモットーは「チェンジForエフェクト」です。そして、職員が互いに対話し、違いを認め合い同じベクトルで取り組むことを大切にしていきます。

子どもたちや私たちを取り巻く状況を踏まえると「効果的に変えていかなければならない」時代を迎えているといえます。子どもたちの姿をしっかりと把握し、一瞬一瞬を大切にし、活動を振り返ったり、次の目標を確認したりしながら職員一丸となって取り組んでまいります。

三並小学校のシンボルは「桜」です。満開の桜のもと行われた始業式では、教育目標とめざす子どもの姿である「かくしこく」「やさしく」「たくましく」を確認するとともに、次のように伝えました。
みなさん、考えてください。この桜はいきなり咲いたのでしょうか。違いますよね。 晴れの日も、雨の日も、雪の日も、花を咲かせるために、毎日毎日用意をしてきてい ます。私たちも桜に負けないように、1日1日を大切にして、1年間がんばって来年には満開の桜を咲かせましょう。
このことを大切にしながら、自分に言い聞かせたり、職員で確認しながら進んでいきたいと思います。

具体的に日々の教育活動では、昨年度の課題を受け、本年度の重点目標をを「進んでコミュニケーションを図る子どもの育成(「表現」を双方向で共有する力)」と設定しました。昨年度までの「表現の質を高める」さらに進め、「一方方向気味」であった子どもたちの姿をさらに深めていきたいと考えています。そのために、指導方法を工夫し、「表現」を双方向で共有(コミュニケーション)させていきます。そして、そのことを通して、子どもが自分の考えを広めたり、深めたりすることができる学び(対話的な学び)ができていくとともに、学力向上が図られると考えています。

最後になりましたが、本年度も地域や保護者の皆様、関係各位にこれまでと変わらぬ御支援、御協力をお願いいたしますとともに、11月14日(木)に本校で行われます、朝倉郡地方教育連絡協議会指定の研究発表会に多くの方が御来校いただきますことを願っています。



筑前町立三並小学校校長  井手 富孝


学校の教育目標

かしこく・やさしく・たくましくバランスのとれた子どもの育成


かしこい子

やさしい子

たくましい子

わかってできるまで、
学び続ける子ども
人・もの・命を
大切にする子ども
心や体を鍛え続け、
健康を保つ子ども


本年度の重点目標

かしこい子

やさしい子

たくましい子

目的に応じて読み、書き、話し、表現できる子どもの育成


自他を大切にし、生活のルールを守り、表現できる子どもの育成


めあてをもち、心や体を鍛え続け、表現できる子どもの育成





学校通信

▼ 平成31年(令和位元年)度

学校通信 4月号]
学校通信
学校通信 6月号]
学校通信
学校通信 7月号]
学校通信